植木・樹木・庭木の生産・販売/1本から販売いたします。茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県-八進緑産(株)

支柱の掛け方

ここでは、庭木の支柱の掛け方について紹介します。
※支柱とは竹やパイプなどのまっすぐな棒を指します。
幹が曲がっていたり角度を変えたい場合に支柱に沿わせて庭木の形を矯正します。
もちろん女性でも簡単にできる作業です!

用意するもの

  • 軍手
  • ハサミ
  • ひも(できれば腐る麻縄がベスト)

支柱をするべき庭木は?

sichuu-1
途中から曲がっている庭木や不安定で倒れそうな木、幹の角度を変えたい木などです。
写真の木は、まだ幹が強くなっていないので曲がっている状態です。


sichuu-2
植木を起こしたい角度に支柱を立てます。


sichuu-3
まがった方向に支柱が引っ張られる場合は、幹とクロスさせて支柱を立てることで、支柱の強度が増します。
支柱は、深く差しこむようにしましょう。


sichuu-4
支柱の根元と庭木の根元をしっかりと結びます。
支柱をしっかりと刺して、根元をきちんと結ぶことが重要です。


sichuu-5
等間隔に上まできちんと結びます。
上の方は細くなりますので、園芸用のゴムなどが望ましいでしょう。


sichuu-6
これで完成です!
支柱は1年程度ではずすことができます。


sichuu-7
ちなみに、幹の太さに合わせて支柱の太さも帰るとよいでしょう。

細い幹の木には、風に揺れるくらいの支柱がベストです。
風に揺られて幹に筋肉がつき強くなるからです。

いつまでも頑丈な支柱につけておくと、幹がいつまでもなよなよしてしまう場合があります。


株立ちの支柱

株立ちの支柱も基本的には同じです。

1本ずつ支柱を単木と同様にかけましょう。
しっかりと根元から上まで結びます。
sichuu-8


sichuu-9
株立ちの雰囲気を支柱で変えることもできます。

たとえば右の写真のように真ん中に幹が集中した株立ちを少し広げて優雅な樹形にしたい場合。


sichuu-10

外側に広がるように支柱を立てます。

このとき、できれば支柱の根元を株の内側に入れるようにしましょう。
そうすることで足元がすっきりとし、支柱をした後でも美観を損なうことはありません。


sichuu-11
同様に根元から上まで何箇所か結びます。


sichuu-12
1本完成です。さらにもう一本広げた方が良さそうです。


同様に支柱をかけます。
sichuu-13


同じように、根元から上まで数か所しっかりと結ぶようにしてください。
これで完成です。違った雰囲気の株立ちになりました!

sichuu-14


お気軽にお問い合わせください。 TEL 0299-53-0030 月曜日~土曜日 8:00 - 17:00(日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 八進緑産株式会社 All Rights Reserved.