冬のお庭に彩りを

グリーンロケットのT口です。

本日は綺麗に紅葉したハツユキカズラをご紹介いたします。

ハツユキカズラとは

キョウチクトウ科の常緑つる性低木で

別名「フイリテイカカズラ」とも呼ばれるようにテイカカズラの斑入り品種です。

新芽は白く雪のように美しいことから「初雪カズラ」の名がつきました。

冬の紅葉も美しく、写真のように濃淡さまざまな赤が混在して観賞価値が高いです。

s_IMG_8307.JPG

s_IMG_8308.JPG

s_IMG_8311.JPG

s_IMG_8312.JPG

s_IMG_8313.JPG

綺麗な新芽を楽しむためにはある程度の日当たりが必要なので

日向~半日陰に植えるのがオススメです。

あまり日が当たらないと葉の発色が悪くなったり

新芽が十分に白くならなかったりします。

ただ、夏場の西日が当たりすぎると葉焼けしてしまうので

そこが少しむずかしいところ。

春~夏前のハツユキカズラ

一年を通して楽しめるつる性植物として

オススメです。

それではまた明日!!