本日はおすすめの落葉樹第3弾です!

 

 

ナツハゼ 株立

【zna19-3 全体】

【zna19-3 株元】

【zna19-3 上部】

 

【zna18-2 全体】

【zna18-2 株元】

【zna18-2 上部】

 

 

ナツハゼ

ツツジ科 スノキ属

原産地:日本、朝鮮半島、中国中部

 

北海道から沖縄まで植栽可能な落葉低木。

花、実、紅葉をたのしめ、

曲がりくねる樹形が趣があります。

 

5月から6月頃、

鈴蘭のような小さな花をたくさんつけます。

赤を黄緑色で縁取ったような花はレトロな雰囲気を感じます。

 

10月から11月頃になると

ブルーベリーに似た実をつけます。

食べることも出来ますが、

酸味が強く、ジャムやリキュール漬けがおすすめです。

 

また、夏の時期から葉が紅葉し、

その姿はとても美しいです。

 

ナツハゼも病気や虫に強く、

育てやすい樹種です。

 

上品な佇まいが

雑木のお庭にぴったりです。

背が高くなりにくいため、

他の木を引き立てるサブツリーとしてもおすすめです。

 

【最終樹高】

高さ:3.0m程度
葉張り:2.0m程度
成長の速度:遅い(20cm/年)

 

【育てるポイント】

  • 植え付け後は基本放っておいても育つ。
  • 水やりは基本雨に任せる。夏場で乾燥が続いた場合は、朝か夕方にたっぷりと与える。2年目以降は水やりの必要はない。(庭植えのみ)
  • 株立ちなど自然樹形に育てたい場合は、下の枝と横に伸びる太い枝をを少しずつ切り落としながら育てる。
  • 曲がりを伸ばしたい場合は、苗木の頃に支柱を添えて上に伸ばすとよい。
  • 放任して育てると、癖のある本来の樹形に育ちます。

 

非常に人気の樹木になっており、

残りわずかの商品です!

ぜひご覧くださいませ✡